ジュニア債

ジュニア債
債券や不動産などの裏付けとし証券化したABS(資産担保証券)の発行において、信用力の最も低い格付けの劣後債のこと。英語では、Junior Bondと言います。

ジュニア債とは、劣後事由が起こると、停止条件が完了するまでは劣後債の元利金支払いはなされません。その代わり、金利設定は一般的なものより高い設定となっています。ジュニア債は、ハイリスクハイリターンな債券のため、株式に近い性質を持った資金調達方法と言えます。そのため金融機関からは、劣後債は自己資本の一部とみなされ、資本充実の手段として、銀行がBIS規制の自己資本比率の基準をクリアするために発行することもあります(一般事業会社は自己資本の一部とみなされません)。金融機関からの融資方法としては、リスクとリターンの違いから「シニア債」、「メザニン債」、「ジュニア債」の3つに分類されます。

「シニア債」とは、信用力の最も高い格付けの優先債のことをいいます。シニア債とジュニア債の中間に位置するものを「メザニン債」と呼びます。メザニンとは、本来「中2階」を意味する英語です。ジュニア債は信用力は低いですが、利回りは高い債券です。シニア債やメザニン債は投資家に販売されることが多いですが、ジュニア債は対象資産の保有者が持ち続けることが多いと言われます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading