もみあい

もみあい
相場が何回となく小幅の上げ下げを繰り返す状態を指します。

もみあいとは、株価や為替のレートが一定のレンジ内(特定の範囲の値幅の中で上下動を繰り返す)で推移し、騰落の方向性が定まらないことを言います。売り方と買い方の力関係が同レベルの時に、このような現象が起こります。もみあい相場は動く際のエネルギーをためている状態と言えるので、もみあいが崩れて拮抗関係が解消されると、相場は大きく動く傾向があります。

チャート上では、上値抵抗線と下値支持線に挟まれた値幅の範囲内で、波状に値動きが推移する形になります。一定の値幅の上下を繰り返すため、値動きが把握しやすく、売り買いのタイミングをある程度予測することができます。もみあい相場のときは、逆張りをする(相場が悪いタイミングで買い、相場が回復したときに売る)と利益が出やすいと言われます。ただし、新たな材料やニュースが出て、相場が急変、もみあい相場が終わることも十分想定して対応する必要があります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading