有利子負債

有利子負債
金利を付けて返済しなければならない債務のことです。

有利子負債には、短期借入金、長期借入金、割引手形、社債、転換社債、1年以内返済予定長期借入金などがあり、買掛金や未払金、支払手形などの金利負担の必要がない負債と区別するために「有利子負債」と使われます。有利子負債には日々金利が発生し、その金額が増えるほど会社の利益を圧迫します。そのため、この残高は企業の財務状況の健全性をはかるひとつの指標と言えます。

有利子負債には無担保で借りているものと、資産などを担保に借りているものがあります。短期借入金の担保は「売掛金」や「棚卸資産」、長期借入金の場合は「固定資産」などが担保となります。売掛金は回収の見込みがあるほど担保の価値が高くなり、棚卸資産は商品の価値があるほど担保の価値も高くなります。

ただし、有利子負債は必ずしもマイナス要因だけではなく、利子率は一般的には株主収益率よりも低いため、支払利息には節税効果があり、レバレッジを効かせて経営効率を上げるのに役立つ側面も持っています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading