無形固定資産

無形固定資産
特許権や商標権など、具体的な存在形態はないが長期にわたり企業に収益をもたらす資産のことです。英語でIntangible Fixed Assetsと言います。

無形固定資産は法律上の権利とそれ以外のものの2種類に分けられます。法律上の権利があるものは、特許権、借地権、商標権、実用新案権、のれん代などがあり、それ以外には、営業権、ソフトウェア、電話加入権などがあります。

無形固定資産は、企業にとって必要不可欠なものですが、会計上の取り扱いが難しいと言われて居ます。中でものれん代は金銭的に評価するのが特に難しいとされています。会計上では、減価償却によって耐用年数の期間まで費用化されます。無形固定資産はもともと実体のない資産であるため原則残存価額はゼロになっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading