インサイダー取引

インサイダー取引
インサイダー取引とは、会社役員や大株主など企業情報を知り得る立場にある内部関係者(インサイダー)が、その特別な立場を利用して会社の重要な内部情報を知り、その情報が公表される前(未公開情報)に、当該企業の発行する有価証券の売買を行うことです。英語ではInsider Tradingと言います。

インサイダー取引が横行してしまうと、一般の投資家が不利益を被ることになり、証券市場における健全性や公平性が保たれないおそれが出てきます。このため、米国ではインサイダー取引には厳しい規制が課せられていて、日本でも1984年に施行された改正証券取引法において、インサイダー取引を行なった者には、刑事罰が科せられるようになった他、役員や大株主の自社株売買についての報告も義務化されるようになりました。

インサイダー取引の規制の対象者は、会社の役職員(配偶者を含む)、大株主、許認可権限を有する公務員、会計士や顧問弁護士など。該当する会社から関係がなくなっても、1年経過していないと対象者となります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading