インフレーション

インフレーション
インフレーション(Inflation)とは、物価の上昇が続いて、通過の価値が下がっていく現象です。略してインフレとも呼びます。反対に、物価の下落が継続していく現象をデフレーション(デフレ)と呼びます。

インフレーションは、好況で品物がよく売れるのに、品不足にある状態です。需要と供給のバランスが崩れ、「総需要」が「総供給」を上回った時に景気上昇局面で発生するといわれています。

インフレーション下では品物がよく売れるため、企業業績は上昇して、それに伴って賃金水準も上昇します。このため、適度なインフレーションの状態は健全な経済成長を生み出しますが、インフレーションが行き過ぎると、賃金の上昇が物価の上昇に追いつかなくなり、実質所得の低下を招き家計を圧迫するようになっていきます。

インフレーションは好況下での発生が多いとされていますが、まれに不況下で物価が上昇を続ける現象が起こり、これは特別にスタグフレーションと呼ばれています。また、インフレーションの中でも原因が、主として需要面にあるインフレーションを「デマンドプル型」、供給面にある場合を「コストプッシュ型」と呼んで区別することがあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading