インデックスファンド

インデックスファンド
インデックスファンドとは、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)、米国のダウ平均、ウイルシャー5000、S&P500などの証券市場指数(インデックス)と連動した動きを目指して、運用成果をねらうファンド(投資信託)のことです。

インデックスファンドは、個別銘柄を選んで投資しても長期的に株式市場平均を上回る運用成果を出すのはなかなか難しいので、市場全体に近いポートフォリオ(投資の組み合わせ)を組んで、売買コストなどの運用コストを抑えるのが効果的な運用につがなるという考えに基づいています。

相対的に、小さなリスクで市場平均に近い収益を得られるほか、いったん投資すると銘柄の入替を原則として行わない(株価指数の銘柄入替が発生した時は、当該ファンドも対象から外れた株式を売却し、新たに採用された企業の株を購入することになる)ことから、結果的に運用コストを抑えることができます。

投資対象が広く分散されているため、比較的リスクが少なく、運用コストも抑えられることから、投資をする際の初心者に人気が高くなっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading