損益計算書

損益計算書
企業の経営成績を示す財務諸表のことです。英語では、Profit and Loss Statement/Income Statementと言い、略して「PL(ピーエル)」と呼ばれることもあります。

損益計算書とは、一会計期間の損益情報を示した計算書です。貸借対照表は決算期日現在の会社の財政状態と純損益を示しますが、損益計算書は一会計期間の総損金と総益金を比較して純損益を確定するとともに、その損純益に至るまでを示します。つまり、利益がどのようにして生み出されたのか、企業の最終利益の流れを表にまとめ、見ることができるようになっています。

具体的には収益と費用原価を別に示し、損益計算書で注目すべき5つの利益が「売上総利益」、「営業利益」、「経常利益」、「税引前利益」、「当期純利益」です。売上総利益とは、売上高から、売上原価(仕入れなどの費用)を差し引いた大枠の利益のことです。営業利益とは、売上を上げるために使った経費を差し引いた額(売上総利益-販売費+一般管理費)です。経常利益とは、営業利益に対して、配当や利息など本業以外の収支で加減した額となります。税引前利益とは、経常利益に対して、土地の売却益などの特別な理由による収支を加減した利益です。当期純利益とは、税引前利益から、税金を支払った残り(税引き前当期利益-税金)のことを言います。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading