ハイブリッドプライベートオファリング

ハイブリッドプライベートオファリング
特別目的会社(SPC)に対して新株予約権部分と社債部分を分離して発行する手法で、転換社債型新株予約権付社債の発行方式のひとつです。英語では、Hybrid Private Offeringと言い、頭文字をとって「HPO」と略されます。

ハイブリッドプライベートオファリングとは、マルチプルプライベートオファリング(MPO)から派生した資金調達手法です。マルチプルプライベートオファリングは、企業が、転換社債型新株予約権付社債(CB)、または優先株式や新株予約権を第三者割当増資によって証券会社に対して発行し資金調達をおこなう手法で、割当証券会社はCBや優先株式を普通株式に転換するか新株予約権を行使し、普通株式を株式市場で売却することです。

転換価格の修正条項を加えることで、一株あたりの利益の希薄化に配慮した調達方法とも言われます。。転換社債発行体は、特別目的会社(SPC)に対して転換社債を発行し、特別目的会社は社債部分を機関投資家に、新株予約権部分を証券会社に販売するという形態が一般的となっています。早期の資本増強を目的とする企業の資金調達手段は「MPO」を選択し、希薄化を避け低コストでの資金調達を目指す企業の資金調達手段は「HPO」を選択する形式をとります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading