従業員持ち株制度

従業員持ち株制度
会社が従業員に自社株を保有させるための制度です。英語では、Employee Stock Ownershipと言います。

従業員は、従業員持ち株会という機関を設立して、会員(従業員)から毎月一定額を拠出してもらい、株式の共同購入をして拠出額に応じた持分を配分するというのが一般的なやり方です。上場企業のほとんどが、従業員持ち株制度を採用しており、購入金額の一定割合を補助しているケースが多いです。

従業員持ち株制度のメリットは、「従業員の資産形成をはかる」、「会社への帰属意識向上が期待でき、ひいては労使間の協調に役立てる」、「会社の買収などに対抗するための株主構成の安定」などがあります。デメリットとしては、会社の経営状態によっては拠出者(従業員)がリスクを負う可能性もあり、高配当が得られなかった場合、従業員の意欲や忠誠心を損なう恐れがあります。従業員持ち株制度とあわせて、会社の役員が共同で自社株を保有する「役員持ち株制度」もあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading