ハイイールド債

ハイイールド債
一般的に、少なくても1社の格付け機関により投資不適格であると格付けされた債券のことを指し、別名「ジャンク債」とも呼ばれます。英語では、High Yield Bondと言います。

投資不適債とはムーディーズ社ならBa以下、スタンダード?アンド?プアーズ(S&P)社ならBB以下に格付けされた債券のことです。別名のジャンクとは「がらくた」のことで、債券発行企業のデフォルトリスクが高いことを意味しています。ハイイールド債は、投資適格債に比べて信用格付けが低く、元本割れ発生のリスクが高い分、利回り(プレミアム)は高く設定されています。以前は、財務基盤が脆弱な進行の成長企業が資金調達の手段として活用してきましたが、最近では企業買収資金の調達を目的に発行する例が増えています。

日本では、1996年以降に適債基準が撤廃されたことで、格付けの低い起債も行われるようになりました。日本国内の社債などでは、発行後に投資不適格債となった例はありますが、初めからハイイールド債として発行された例はありません。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading