ヘッジファンド

ヘッジファンド
一般に投資家から資金を預かり、株式や債券、通貨、商品などに投資し、相場の下落局面でも損失を回避できるような運用手法を駆使して、相場の変動にかかわらず収益を狙うファンドのことです。

ヘッジファンド(Hedge Fund)とは、1940年代に米国で誕生した株価の下落リスクを、空売りなどの手法でヘッジ(危険回避)するファンドが名称の由来とされています。少ない元手に対して借り入れ比率を上げ、高い利回りを目指すことが一般的で、世界的に高い流動性を背景に急成長しています。ヘッジファンドの特徴は、出資者を少人数に限り直接的な規制や監督をほとんど受けない、ディスロジャー(情報公開)の義務が限られている、先物取引やデリバティブ(金融派生商品)などを活用して元手を上回る取引規模でレバレッジ効果を高めている、ということが挙げられます。

ヘッジファンドは、その豊富な資金量と短期的な投資行動から相場に非常に大きな影響を与え、近年になって市場をかく乱するなどの懸念から、幅広い財務情報の定期開示や金融当局への報告を求める声も高まっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading