国内総生産

国内総生産
日本国内で1年間(あるいは一定期間)に新たに生産された財やサービスの付加価値の合計額です。英語では、Gross Domestic Productと言い、日本国内でも略してGDPと呼ばれます。

国内総生産は、国全体の経済活動を総合的に表す指標で、市場の取引量に相当します。日本の国内総生産の約60パーセントは個人消費が占めており、残りの約40パーセントは「投資」と言われ、株式投資などの投資ではなく、企業による設備投資や個人の住宅投資などを指し、買ってもすぐに消費されないもののことを言います。よって国内総生産は消費+投資の合計したものとなります。よくモノが売れ、消費が増加するということは、国全体の付加価値が増加したということで、国内総生産が上昇しているとことになります。国内総生産と並んで、国全体の経済活動を総合的に表す指標として国民総生産(GNP)があります。

国内総生産や国民総所得(GNI)は、市場で取引された最終生産物の取引額を合計したもので、集計する際には最終生産物と中間生産物の区別がつかないため、「付加価値の合計」として捉えられます。付加価値の合計は、総産出額から中間生産物の取引額の合計を差し引いたものと等しくなります。また、国内総生産は、国民総所得から外国からの純所得受取を差し引いたものと等しくなり、国内総生産と国民総所得の違いは、外国からの純所得受取の金額を含むか否かにあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading