グリーンシート市場

グリーンシート市場
日本証券業協会が未上場企業の資金調達の場として、1997年に設立した市場のことです。

グリーンシート市場は、米国のピンクシート(Pink Sheets)を参考にしていて、証券会社の審査を通れば登録が可能で、登録銘柄は証券会社の店頭で顧客同士の注文を付け合わせて相対で売買されます。従来、未公開の株式は日本証券業協会の自主ルールによって禁止されていたため、ベンチャーキャピタルなどの一部の機関投資家を除き、一般の投資家は投資することができませんでした。しかし、1997年に適切なディスクロージャー(情報公開)が行われている銘柄を「店頭取扱有価証券」と定義し、証券会社による投資勧誘を解禁しました。非上場企業への資金調達を円滑にし、また投資家の換金の場を確保する目的もあり、金融商品取引法上の取引所金融商品市場とは異なったスタンスで運営されています。

グリーンシート市場の大きな特徴は、従来の株式売買の流通市場中心ではなく、新規に株式を発行し、直接金融で資金調達を行う発行市場中心であることです。また、ベンチャー企業がいきいきと活動?成長していくようにとの思いがあり、若い企業を育てようという機運が投資家にも備わっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading