ゴールデン・パラシュート

ゴールデン・パラシュート
敵対的買収に対抗するための防衛策のひとつです。 買収によって乗っ取られた企業から脱出する手段として、お金をパラシュートに見立てたことに由来しています。

ゴールデンパラシュート(Golden Parachute)とは、買収された企業の取締役が、解任や退任に追い込まれた際に、通常よりも巨額の退職金を支払う仕組みを整備しておくことです。米国では企業買収の駆け引きでよく使われる手法で、買収によって巨額の損失が発生することを明らかにし、敵対的買収者の買収意欲を削ぐ狙いがあります。逆に、買収する側が損失を覚悟で、買収される側の取締役に対して巨額の退職金を支払い、買収を認めさせるケースもありま す。

ゴールデンパラシュートを発動することは、何も企業の業績に貢献していない経営者にも巨額の退職金を支給することになる可能性があり、これを防止するためにゴールデン?パラシュートを規定に盛り込み、実行した場合は、既存株主から株主代表訴訟を受けることもあります。なお、取締役ではなく、従業員に対して高額な退職金を支払うことを「ティンパラシュート」と言います。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading