一目均衡表

一目均衡表
株式評論家・細田悟一が考案したとされるチャート分析法のこと。日足と5種類の折れ線グラフから構成されています。折れ線グラフとは、転換線、基準線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの5種類です。

転換線は過去9日間の高値と安値の中間値、基準線は過去26日の高値と安値の中間値です。 先行スパン1は転換線と基準線の中間値を26日先に、先行スパンは52日間の高値と安値の中間値を26日先にそれぞれ記入したものです。最後の遅行スパンとは当日の終値を26日前に戻って記入します。

株式相場は売買の均衡が崩れると崩れた方向へ動き出すとの考えに基づいており、時間の経過が重要なファクターとなっています。

具体的には、相場のトレンドは基準線が示しており基準線が上昇すると強気相場に、下降すると弱気な相場に変わります。また、転換線と基準線が交差した時は、相場が反転する可能性が高いと言われています。さらに、先行スパン1と2の間は雲と呼ばれ、この雲が株価の抵抗帯、支持帯になったりします。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading