為替リスク

為替リスク
為替の変動により、利益や損失が発生リスクのことを指し、英語でForeign Exchanhe Riskと言います。

為替レートは刻々と変化するものなので、この変化により利益、損失を受ける可能性は常にあります。例えば、1ドルを100円の為替相場で米ドル(現金)を購入し、後に米ドル(現金)を売却した時に、為替相場が1ドル90円に下落していれば、1ドルあたり10円の損失が出たことになります。為替リスクは、米ドルだけではなく、ユーロ、ポンド、元など、通貨ごとに為替リスクが存在します。

為替リスクの中には、為替予約が取引相手の倒産などにより期日通りに履行されない「信用リスク」、外国為替持高の期日構成が不一致であるため生じる「金利リスク」、為替相場の変動が外国為替持高に影響を与える「相場変動リスク」、事務処理ミスにより資金が予定通り決済されない「デリバリーリスク」などがあります。また、外国のとる為替取引制限または禁止によるリスクもあり、輸出取引にともなうこれらのリスクは、輸出保険により政府が担保に応じています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading