ファンドマネージャー

ファンドマネージャー
ファンドを運用する機関投資家の運用担当者や投資顧問業者の投資アドバイザーのことです。

投資信託の運用は、運用会社である投信委託会社が行いますが、実際に資金を運用しているのはファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロフェッショナルです。ファンドマネージャーの最大の役割は、設定したベンチマークを上回る運用成果を出すことであり、資産の運用によって得られる収益を最大化することを要求されており、絶えず投資計画を見直すことを視野に運用を行います。具体的には運用の方向性を最初に決めて、ファンドに組入れる銘柄の決定や、どのタイミングで売買を行うかの投資判断などを行います。運用会社では、一般的にアナリストといわれる人たちが、銘柄の調査などを行いますが、ファンドマネージャーも企業訪問を行って調査することもあり、アナリストからの情報と合わせて投資判断を行っています。このように、ファンドマネージャーは自分自身の専門知識や経験だけではなく、アナリストやストラテジストといった、業界からの情報や専門分析などのサポートを受けられるバックアップ体制を整えておく必要があります。

ファンドマネージャーの業務としては、決算説明会や取材、財務分析、業績予想などの「インプット」と呼ばれるものと、運用報告書の作成などの「アウトプット」、「キャッシュ管理」などがあります。この他にファンドマネージャーの重要な仕事のひとつとして、投資家への説明が挙げられます。ァンドの価格の推移や基準価額の動きの理由、今後の運用の見通しなどをファンドマネージャーが報告し、これにより投資家はそのファンドの投資対象に関わる環境変化や動向、またファンドマネージャーの運用に対する分析や考え方などを把握することができます。ファンドマネージャーの存在が、投資家への情報開示につながっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading