先渡し取引

先渡し取引
将来の一定期日に現時点で取り決めた価格で、特定の商品を特定量で売買する契約のことです。英語ではFoward Contractsと言います。

先渡し取引は、最も初歩的なデリバティブ取引(金融派生取引)の一種であり、外国為替市場や国際金属市場などで広範囲に行われています。先物取引との違いは、先物取引は差金決済が中心で商品の授受を行いません。先渡し取引の方は、現物決済が原則で、実際に現物の商品の授受を行うため、元本100%分の資金が必要になります。一般的に現物のスポット市場(商品受渡しと代金支払いをただちに行う市場)の規模が拡大した後、リスクヘッジなどのニーズから先渡し取引が生まれ、さらに流動性を高めた先物取引市場がつくられるという順序をたどることが大半です。

先渡し取引は相対で行われる取引のため、取引条件などは自由に設定でき、取引対象、取引単位、決済期日などに制限はありません。一方で、決済期日前に反対取引を行おうとしても、取引相手を捜すのが難しいというデメリットもあります。また、先渡し取引では、期限日までの間に取引商品の値動きによって契約を変更したり、解約したりする場合は、相手方との交渉が必要になります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading