外貨準備高

外貨準備高
各国の政府や中央銀行が保有している外貨建ての公的資産の量こと。英語ではVolume of Foreign Exchange Reservesと言います。

外貨準備高の比率が高い国は、中国、日本、ロシア、台湾、インド、韓国などと、アジア諸国が占めています。これらの国々は輸出国のため、自国の通貨が上がると輸出高が減ってしまいます。通貨高を抑える目的で為替の売り介入を実施するので、結果的に外貨準備高が増えることになります。

日本では財務省と日本銀行が保有しており、為替レート安定のための市場介入、輸入代金の決済や対外債務の返済などに使われます。米国の国債をはじめ、外国債券・証券、外貨預金、ゴールドなどを持っています。円高を抑制するために、日銀がドル買い円売りを行うと外貨準備高は増え、円安を是正するために円買いドル売りをすると外貨準備高は減ることになります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading