外貨建て投資信託

外貨建て投資信託
外国の通貨建てで取引される投資信託のこと。英語ではForeign Currency Denominated Investment Trustと言います。

外貨建て投資信託はたくさんの種類のファンドが出ていますが、大きく4つに分類されます。一番ポピュラーなものが高格付けのファンドです。海外の政府や公的機関らが発行する債券に投資します。格付けの高い債券なので外貨建て投信の中でもリスクが低いと言えます。ただし、信託報酬などの手数料が高いのが難点です。

次に外国企業の株に投資する外国株式ファンドです。優良企業や成長分野の企業、新興国の企業などにテーマを絞ったものなどが人気です。個々の企業の業績やその国の情勢などにより株価の変動リスクが伴います。

米ドル、ユーロ、南アのランドなど、複数の外貨建て債券に分散投資するファンドもあります。このファンドの中でも人気なのがグローバルソブリンです。為替のリスクが伴います。

そして、低格付けの外国債券に対して積極投資をするハイイールドボンドファンドです。最初の高格付けファンドと比べるとはるかにリスクが高いのですが、利回りは格段によくなります。好況の際はリターンが大きいでずか、不況などによる元本割れも覚悟する必要があります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading