フローター

フローター
債券の利率がマーケットぼ動向により見直される変動利付債のことです。英語では、Floaterと言います。

フローターとは、「フローティングレートボンド」または、「フローティングレートノート」の略称で、「フローティング債」とも呼ばれます。通常、確定利付債では、途中で金融環境により激しく変動しても、発行時点で決められた利率が償還期日まで変わりませんが、これに対してフローターは、利率がその時々の景気や物価などを反映した「市場実勢金利」にスライドして見直されていきます。債券の金利は通常、短期金利に連動して3ヶ月または6ヶ月ごとに見直されます。一般にフローターの投資の際は、将来の金利動向の見方が重要となり、確定利付債が金利上昇局面でその時々の市場実勢金利に合った利率を享受できないのに対し、フローターは金利上昇局面で金利が見直されると利率が上がっていくという利点があります。

日本では、20062000年6月に公募形式による期間15年の変動利付国債が発行され、また2003年3月から期間10年の個人向け国債が発行されています。これらの利率は半年ごとに見直され、直前に発行された10年利付国債の利回りなどを参考にして次回の利率が決定されています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading