確定利付債

確定利付債
確定利付債(Fixed coupon bond , Fixed rate bond)とは、発行時の契約に基づいて年に1回や2回など、事前に定められた一定額の利子を支払い、満期償還時に額面金額で償還金を支払う債券のことを言います。

確定利付債は、「固定利付債」とも呼ばれ、一般的に流通している債券のほとんどが確定利付債であり、償還までの間は、表面利率は変わりません。確定利付債の特徴は決まった時期に決まったキャッシュフローが得られるということで、この特徴を活かし生命保険や年金基金のように長い期間にわたって資金計画を立てなくてはならない機関投資家にとって、好適な投資対象になっています。

確定利付債は償還までの間、市場環境によって債券の価格変動が起こるため、満期保有者には影響が少なくても、途中換金時に金利が上昇した場合などには値下がりするリスクがあります。ただ、金利低下時だった場合は値上がり益を受けることができます。その他のリスクとしては、インフレによるリスク、途中償還リスク、デフォルトリスク(信用リスク)などにも注意が必要です。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading