フェデラルファンド金利

フェデラルファンド金利
日本のコール市場金利に相当する米国の短期金利のことです。英語では、Federal Funds Rateと言い「FFレート」と略称されることもあります。

フェラデルファンド金利とは、米国の連邦準備制度(FRS)に加盟している民間銀行が、準備預金の過不足を調整するために、無担保で相互に貸し借りをする時に適用される金利のことです。米国では、民間銀行は預金残高に応じて、連邦準備銀行に預金残高の一定割合を無利子の「準備預金」として預け入れすることが義務付けられています。この準備預金は「フェデラルファンド(FF)」と呼ばれ、フェラデルファンドの取引に適用される金利がフェデラルファンド金利」です。米国の短期金利の代表的指標となっていて、米連邦準備制度理事会(FRB)による金融政策の誘導目標とされています。

フェラデルファンド金利の変更は、連邦公開市場委員会(FOMC)で決定され、米国の金融市場においての資金の需要調節を行っています。具体的には、FRBの指示のもと、ニューヨーク連邦準備銀行が市中から証券の買取を行って市場に資金供給したり、保有する証券を売却して資金を吸収するなどの「公開市場操作」を通して、フェラデルファンド金利を誘導することになります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading