債務超過

債務超過
貸借対照表で負債が資産を上回っている状態のこと。英語ではExcess of Debtsと言います。損益計算書では、累積赤字が自己資本を上回ることをさします。

企業の資産がすべて他人からの借入金でまかなわれており、いま保有する全資産を売却しても負債が残る状態です。返済見込みのない借金を抱えているため、財務体質的には極めて危険だと見なされます。倒産の可能性があり、株価は大幅に下がり、その信用力の低下から新規融資が受けられなくなります。東京証券取引所は、債務超過の状態が2年続いた上場企業を、回復の見込みがないとして上場廃止にします。ただし、債務超過=倒産ではありません。倒産は債務の支払いがまったくできなくなった状態のことで、債務超過でも目前の返済ができれば倒産とはなりません。

債務超過を解消するためには、事業の早急な建て直し、金融機関への債務免除、増資、DES(Debt Equity Swap=債券を株式に替えること)などがあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading