寄せ線

寄せ線
始値と終値が同じになるローソク足のことです。「十字線」、「転換線」とも呼ばれます。

寄せ線とは、寄付いた後に値動きがあったものの、最終的には始値の価格に戻って引けたことを示します。相場の転換が近いことを示すと言われ、株価が上昇?下落のどちらかへ大きく動くサインとして注目される足型です。転換期を示す理由としては、始値と終値が同じということは、「買い」の人と「売り」の人のバランスがちょうど同じ状態ということになります。上昇を続けてきた銘柄が寄せ線の状態に入ると、売りたい人が増えてきた証しとなるので、上昇から下落に転じる可能性が出てくることになります。また反対に、下落を続けてきた銘柄が寄せ線の状態に入ると、買いたい人が増えてきた証しとなるので、下落から上昇に転じる可能性が出てきます。

寄せ線の類型としては、買いと売りが拮抗する「足長同時線」、始値?高値?安値?終値のすべてが同じで閑散時に現れる足型の「一本線」、大きな売りが入って下げた後、買いの勢いが強く持ち直しを示す「トンカチ」、下値を探ってから買いと売りが拮抗する「トンボ」、大きく上昇した後、売りの勢いがなくならず最終的に始値まで戻したことを示す「トウバ」があります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading