二重底

二重底
下げ相場が続いた後、一度は上昇に転じたものの再び同じ水準まで下げ、また上げるチャートのパターンのひとつ。英語でDouble Bottomと言います。

市場が同じような水準の安値を2回つけることです。チャートがアルファベットのWのようになります。市場では底を打って上昇に転じる際、一度安値をつけた後にすぐ反発するケースは少なく、同じ安値水準にもう一度落ちてから反発することが多いです。二重底が現れた後、相場は上昇に転じると言われています。チャート分析上、底入れ後の反騰のサインとして買いポイントだと言われています。

二重底の反対は、二重天井、ダブルトップと言われています。チャートがアルファベットのMのようになります。売りのポイントと言われています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading