ドルコスト平均法

ドルコスト平均法
投資における戦略のひとつで、値動きのある商品を一定の金額で継続して購入し、価格変動リスクを分散する方法です。英語では、Dollar Cost Averagingと言います。

ドルコスト平均法は、「定額購入法」とも呼ばれ、毎月一定額を購入することで、平均購入額を下げる投資方法です。同じ数量を積み立てて行くよりも、取得原価を低く抑えることができます。おもに、外貨預金を初めとする金融商品や、自社株の積立購入、純金積立、投資信託の積立などの有効な投資手法として活用されていて、原則として、ある一定の金額単位で購入できるものであれば、あらゆるものに応用可能となります。

例えば、毎月10,000円ずつを投資した場合、商品の値動きがあれば、値段が高くなった時は少量しか購入できず、値段が安くなった時は大量に購入することになります。結果的に、高い時には買い控え、安い時には多く買うということが自動的に可能となり、最終的に投資金額の平均が安くなる投資方法です。一方で、ドルコスト平均法を使って取引を分割し続けると、取引手数料が高くなる結果となります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading