配当落調整金

配当落調整金
信用取引で株を買った(あるいは売った)まま、配当落ちを迎えると、売り方(買い手)から配当金相当額が支払われるお金のこと。英語でNegotiable Securitiesと言います。

株式の信用取引で売り建て、または買い建ての未決済のまま配当落ちになった場合、買い方は配当分だけ損になり、売り方は得をします。それでは不公平になるため、配当相当額を売り方が支払い、買い方がそれを受け取って、両者の利害を調整します。

この配当落調整金は配当金そのものではありません。権利処理の一種で配当落ちによる株価下落分を調整するためのお金です。税法上でも、配当所得ではないので配当控除の対象とはなりません。キャピタルゲインの計算に含まれます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading