配当起算日

配当起算日
配当を計算する時の開始日のことを言います。

営業年度の途中で新株発行がされると、新株引受人に対して配当金をどう計算すればよいかという問題が発生します。払込を伴う新株発行の新株引受人は、払込期日から株主となり、払込を伴わない(株式分割など)新株発行の場合は、その効力発生日から株主権利が生じます。旧商法上の「株主平等の原則」から、株主となった日から決算期末までの日数を日割り計算して配当金を支払うことが妥当という考え方もありますが、実務上の混乱を避けるため、効力発生日に関係なく、配当起算日を期首に遡らせて配当計算をします。期首は、3月決算会社の場合は4月1日。中間配当を実施している会社の場合は新株発行が上期であれば4月1日となり、下期の場合10月1日となります。

しかし、平成18年に施行の会社法において、配当起算日に関する規定が削除され、基準日における株主は、保有する株式の発行時期に関係なく、保有する株式数に応じて剰余金の配当金を受け取ることが明確化されました。これにより剰余金の配当の日割り計算は禁止され、配当起算日を設定する必要がなくなくなりました。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading