特別分配金

特別分配金
追加型株式投資信託の収益分配金の区分のひとつです。

2004年4月に追加型株式投資信託に個別元本方式が導入されたことにより、追加型株式投資信託の収益分配金は、「普通分配金」と「特別分配金」に区分されることになりました。普通分配金は儲かっている時にもらえる配当金で、運用の結果、元本を上回る値上がり益から支払われる利益の分配金になります。

特別分配金とは、元本の払い戻しに相当する分配金のことです。つまり、特別分配金とは、運用の結果、元本を下回る状況または元本は上回っているものの、分配金を出した結果、元本を下回る状況下で出される分配金のことを言います。配当として分配金はもらえますが、結果的に元本以下の損失をした場合に出されるものが特別分配金になります。普通分配金には、原則として20パーセントの税金が掛かるのに対し、特別分配金には税金は掛かりません。これは税制上、元本部分の一部払い戻しと扱われるため、非課税とされています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading