手掛り難

手掛り難
相場が動くきっかけとなる材料が見当たらない状態のことを指します。

手掛り難とは、市場に動きがなく相場が沈滞気味で、売買するだけの材料に乏しい状態のことです。相場に手を出す(仕掛ける)ことを躊躇うことから「仕掛け難」とも言います。また、類似後でよく使われるのが「手詰まり」です。相場は材料が出現することで動き、投資家はその材料に対し売買の判断を行い投資をします。しかし、相場に新しい材料が見当たらず、機関投資家やヘッジファンド、金融機関などの大量に株式を売買を行うところも売り買いを手控えしている見送り場面では、相場はこう着状態に陥ります。こうした手掛り難の状況下では、投資家はひたすら相場が動き出すのを待つ(模様眺め)しかありません。

相場が動く材料には、為替の動向、企業業績の発表や今後の予測、政府の発表、主要人物の発言、為替の動向、統計や指標の結果などがありますが、例え材料提供があっても、相場の変動に影響するとは限らないため、手掛り難になる局面の予想は困難と言えます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading