デリバティブ

デリバティブ
派生商品と言われ、株式や債券、為替などの既存の金融商品から派生してできた取引につけられた総称です。英語で、Derivativesと言いますが、正式にはFinancial Derivative Products(金融派生商品)と言います。

デリバティブとは、一般に株式先物や通貨オプション、金利スワップなど金融市場関連の先物、オプション、スワップ取引などを指し、伝統的な金融取引の相場変動リスクを回避するために開発された金融商品の総称です。派生商品と言われるのは、その価値が株式や債券、通貨などの原資産の価値に基づくためです。

デリバティブには、取引所で取引されるものと、証券会社や金融機関の店頭で取引される店頭デリバティブとがありますが、日本では、デリバティブは取引所での取引に限られ、店頭での取引は原則として認められていませんでした。そのため取引所では、株価指数先物?オプションや、国債先物?オプションが取引されてきましたが、店頭デリバティブは立ちおくれていました。その後1998年12月に日本版ビッグバンの一環として、有価証券店頭デリバティブを全面的に解禁され、現在では、エクイティスワップや株価指数ワラントなどがあり取引が行われています。デリバティブは価格変動のリスクヘッジに利用できたり、多様な運用手法を持ちあわせているため、80年代以降、世界的に急拡大しましたが、原資産の市場を混乱させる存在として取り上げられることもあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading