売渡請求制度

売渡請求制度
売渡請求制度とは、相続人が被相続人から株式の譲渡を受けたり、一般継承などにより株式譲渡を受けた場合などに、株式を発行している当該会社にその株式を売り渡すことができる制度のことを言います。
>
売渡請求制度の適用は遺産相続の時が多く、中小企業などの事業継承の時や、相続によって株式を譲渡するような時には、その多くが定款などを設けて一定の制限を付けています。
>
相続人が複数存在し、その結果複数の人が株式を相続するということは、株式が広く分散してしまう危険性があり、それは会社の議決権の分散も意味します。売渡請求制度は、譲渡された株式を買い戻すことができるため、株式の分散を事前に防ぐことができ、これによって後継者などの事業継承を円滑に進めることが可能になります。
>

認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading