デフレーション

デフレーション
一国全体の物価水準が継続的に下落する状況を示し、「デフレ」と省略して呼ばれることもあります。

デフレーション(Deflation)とは、経済全体の財やサービスの価格が継続的に下落する現象で、同時に貨幣価値の上昇も意味します。物価が上昇し続けるインフレーションとは対義語になります。物価下落の要因は、財やサービスの需要と供給の関係の変化が起因します。経済活動が後退し財やサービスに対する需要が減少したり、反対に技術革新などの向上により供給が増加すると、過大な供給調整が働き物価の下落圧力が生じます。このように市場における総需要に対し総供給が過剰な状態に陥ることから、デフレーションは一般に不況を伴うと言われています。デフレーションは、企業の売上を圧迫して企業活動の停滞や雇用削減を招き、景気を悪化させるとともに、外部から資金の借入れを行っている債務者に実質的な返済負担が重くなります。このような物価の下落と景気の後退という悪循環が繰り返されることを「デフレスパイラル」と言います。

デフレーションの種類には、所得の低迷や将来の生活不安から消費を控えることから起こる『需要不足に起因するデフレーション」、海外からの安い輸入品が大量に流入してくることに起因する「輸入デフレーション」、保有する資産価値の下落により企業の投資意欲が抑制され起こる「資産デフレーション」、競争力の低下に起因する「競争力低下によるデフレーション」があります。デフレ対策には、公定歩合の引き下げ、財政支出の拡大、減税などの金融対策と財政対策があります。どちらも、デフレによる過剰供給を解消させ、総需要を促進させるための政策です。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading