企業型確定拠出年金

企業型確定拠出年金
毎月企業が拠出する掛け金の運用次第で、将来受け取る年金の額が変わる新しい制度のこと。

これまでの企業年金が、収入や勤続年数などをもとに将来の年金受領額を決める確定給付年金だったのに対して、確定拠出年金は、企業の拠出金とその運用損益の合計で年金受領額が変わってくるというものです。米国の内国歳入法401条K項、通称401Kを参考にして作られた年金制度で、日本版401Kとも呼ばれています。

企業型確定拠出金は、毎月積み立てる掛け金を決めておき、本人が運用方法を選択して指示します。運用が成功すれば。将来多くの年金を受領することができますが、失敗すれば損出を被ります。これらの運用はすべて自己責任で行うというものです。60歳未満の企業で働く従業員が対象になっています。 確定拠出年金には、企業型のほか、個人型もあります。個人が掛け金を出し、運用の指示をします。自営業者や企業年金のない企業の従業員が加入できます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading