デフォルトリスク

デフォルトリスク
公社債の元利支払の遅延や元本償還の不能、または借入金の返済不能などが生じる危険性(リスク)のことです。

デフォルトリスク(Default Risk)とは、「信用リスク」や「債務不履行リスク」とも呼ばれ、発行会社が経営不振で倒産することなどが一般的です。具体的には、商取引?債券投資?株式投資?融資?預貯金などの債券に対して、取引先の倒産や債務不履行により、元本の返済や金利の支払いが延滞したり停止したりすることを意味します。現金取引では、取引相手との信用リスクは問題になりませんが、ローン形式の貸付債券や求償債券などの信用供与や、売掛債権が発生する信用取引などでは、常にデフォルトリスクは存在します。

従来、日本では投資家保護の立場から、公社債の発行につき、起債関係者間の自主ルールで厳格な基準(適債基準、格付け基準など)を定め、一定上の財務内容をもつ優良企業のみに発行を認めた上に有担保を原則としていたため、リスク面で問題になることはほとんどありませんでした。しかし、現在では市場が認めればどんな形でも社債発行が可能となったため、デフォルトリスクが顕著化し、社債権者が損失負担を被る例も多くみられます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading