デットファイナンス

デットファイナンス
銀行借入や債券発行などの債務による資金調達のことです。

デットファイナンス(Debt Finance)は「借入金融」とも呼ばれ、銀行借入、社債発行、シンジゲートローンなどによる資金調達を指します。「デット」とは負債を意味するので、当然返済の義務を負っています。レバレッジ効果がある半面、財務上の安全性に不安を抱えています。増資で資金を調達する「エクイティファイナンス」とは対義語になります。デットファイナンスは株式の発行を伴わない資金調達のため、転換社債やワラント債もデットファイナンスに該当しますが、転換や権利行使が進むと増資になる性質上、発行時点からエクイティファイナンスに分類されます。

企業のファイナンスには多様な手法がありますが、大別すると資金の調達方法により「デットファイナンス」と「エクイティファイナンス」の2つに分けられます。この2つのあわせた負債と資本の性格を持つ「メザニンファイナンス」があり、他にも資産の証券化により資金調達を行う「アセットファイナンス」があります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading