デットエクイティースワップ

デットエクイティースワップ
財務改善手法のひとつで、債務の株式化のことです。

デットエクイティスワップ(Debt Equity Swap)とは、デット(債務)をエクイティ(株式)とスワップ(交換)するという意味で、英語の頭文字をとって「DES」と呼ばれることもあります。経営不振に陥り過剰債務を抱えた不振企業の経営再建化をはかるために、債務を返済可能な範囲に減らす手法のひとつとして利用されます。デットエクイティスワップをするメリットは、債券放棄に比べて銀行などの金融機関が企業の経営のチェックを徹底できるうえ、再建が軌道に乗り株価が上昇すればキャピタルゲインが得られる可能性もあります。

具体的には、ある企業の経営者が自社に対し5000万円を貸付ていたとすると、デットエクイティスワップでは、企業がこの5000万円を経営者に返します。しかし、実際には企業には返済するお金がないので、経営者は返してもらったことになっている5000万円を企業に増資します。この一連の操作により、実際のお金はまったく動いていないにもかかわらず、企業としては返済義務のある借金が減り、返済の必要のない資本が増える形になります。この手法は広く用いられ、産業再生機構などにも利用されています。

旧商法では原則、裁判所が選んだ検査役の調査が必要でしたが、会社法では返済期限が過ぎた金銭債権を簿価以下で出資する場合は必要なくなり、デットエクイティスワップが容易に行えるように改正されました。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading