負債比率

負債比率
財務指標のひとつで、自己資本に対する負債の比率を表します。英語では、Debt Equity Ratioと言い、頭文字をとって「DER」とも呼ばれます。

一般的に、負債比率が低い企業は自己資本が充実していて、安定した経営が行われていると判断できます。また、例え負債比率が高くても業績が良い場合は、少ない資本で負債を補い資本効率のよい経営が行われている判断材料になります。一般に負債比率は「100パーセント(1倍)」を下回ると財務が安定している目安となり、財務上は100パーセント以下であることで安全性は高くなりますが、あまり低過ぎても投資効率が悪くなるという側面もあります。

負債比率の計算式は、

負債比率(パーセント)=総負債(他人資本)÷自己資本×100

負債比率を低下させるには、利益を拡大し内部留保の積み増しか、有利子負債などの削減が必要となります。負債比率は、レバレッジをどれだけ効かせているかという指標にもなるため、「負債レバレッジ」と呼ばれることもあります。また、自己資本に対する総資本の倍率は「財務レバレッジ」と呼ばれます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading