デットアサンプション

デットアサンプション
債務の肩代わり?譲渡という意味で、債務履行引受と債務譲渡のことを指します。

企業が借入金や自社発行の社債を期限前償還させたり、買入償還を行って有利子負債の軽減化をはかりたい場合でも、債権者側の都合や資金市場の環境などから、それが困難になることがあります。デットアサンプション(Debt Assumption)は、その際に企業が発行した債券などの債務を銀行に肩代わりしたもらい、銀行にその元利金の支払債務も引き受けてもらいます。銀行側は引き受けの対価として、その現在価値に相当する金額を預託してもらい、その運用から債権者に対し元利金を支払うという取引です。

デットアサンプションによる取引を行うことによって、実質的には社債などの期限前償還や買入償還ができた場合と同じ効果が得られ、会計処理上は当該債務を貸借対照表負債勘定から落とす(オフバランス化)ことが可能なため、有利子負債による金利負担軽減をはかる効果があります。日本における会計処理方法は、デットアサンプションにともなう損益については偶発債務を貸借対照表に注記するという条件付で契約時点に属する期の損益として認識することになっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading