カストディアン

カストディアン
外国証券などを買い入れた場合、その都度本券を国内に持ち込むのは大変であることから、現地の専門の保管業者と契約を結んで、本券を委託することが国際的な慣行となっており、その専門機関がカストディアン(Custodian)です。

カストディアンの業務内容は、有価証券の保管、売買の受渡し、配当?増資?利払いなどの権利や業務手続き、名義の書き換えなど、有価証券保有に関する事務代行を主に行っています。一般投資家は、基本的には国内の信託銀行に依頼することで、外国証券を購入することができます。依頼を受けた信託銀行がカストディアンと契約を結ぶことになります。

カストディアンには、「グローバル?カストディアン」と、「サブ?カストディアン」があります。グローバル?カストディアンは、複数国の有価証券と保管業務の取扱いを行う専門機関です。サブ?カストディアンは、自国の有価証券などの保管業務を取扱っている現地の専門機関です。グローバル?カストディアンからの委託、あるいは投資家との直接契約によって、有価証券の保管業務を行っています。

複数の国の有価証券を購入したい投資家は、グローバル?カストディアンとだけ契約をすれば、サブ?カストディアンと個別に契約する必要はありません。グローバル?カストディアンの例としては、ドイツ銀行やシティバンクなどがあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading