株式持ち合い

株式持ち合い
株式持ち合い(Cross Holding)とは、金融機関と事業会社、あるいは取引関係の密接な事業会社同士が、お互いの株式を保有し合うことです。

始まりは、戦後の財閥解体によって市場に大量に放出された株式を、投機家などに買い占められないように、同じ財閥系の企業同士で持ち合ったもので、その後、一般化されました。株式持ち合いは、短期的な企業の業績や評価ではなく、安定的に株式を保有しあうことで、敵対的な企業買収の防止をはかるとともに、長期的な取引?融資関係を継続することを目的として、1960年代以降日本の株式市場に定着してきました。

バブル経済までは、株高により保有株式の含み益が増大したため、株式持ち合いには経済的メリットが大きかったのですが、バブル崩壊後はこうした経済的なメリットが減少し、株式持ち合いには「非効率な取引関係を解消しにくい」、「資本や資金の効率が悪化する」、「ディスクロージャー(情報公開)が発揮されにくい」、「株価下落時に銀行経営の健全性が損なわれる」などの問題が指摘され、持ち株解消の動きが活発になりました。しかし、最近その買収防衛策効果から株式持ち合いが再度注目を集めるようになり、株式持ち合いの割合が増える傾向にあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading