売掛債権

売掛債権
売掛債権とは、商品を販売した後に、まだ回収していない代金を請求できる権利のことを言います。売掛債権は「営業債券」や「売上債券」とも言われ、企業の資産のひとつとして扱われます。売掛債権には「売掛金」や「受取手形」などがあります。
>
保有している売掛債権は、それを担保にして証券を発行したり、金融機関から借入を行うことができます。これは、売掛債権を保有している時点では現金収入がない状態なので、その間の資金調達や経営悪化を防ぐ方法として、広く利用されています。
>
売掛債権は、経営規模の小さい中小企業を中心に利用されており、景気低迷が続く中、日本銀行は政策委員会?金融政策決定会合において、中小企業が保有する売掛債権などに対して、裏付け発行する資産担保証券などを買取る方針を決定を下しました。日本銀行が金融政策の手段として、民間の資産を買い入れるのは前例がなく、初めてのことになります。
>

認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading