クレジットリンク債

クレジットリンク債
信用リスク、を別の債券の信用(クレジット)に結びつけた債券のことです。

クレジット?デフォルト?スワップ (Credit Default Swap) は、クレジットデリバティブの一種で、債券自体を移転することなく信用リスクのみを移転する取引のことで、頭文字をとって CDSと呼ばれています。クレジットリンク債はこのCDSの仕組みを債券に取入れたもので、クレジットリンクノート(CIN:Credit Linked Note)ともいいます。

クレジットリンク債は、契約時に指定する会社に債務不履行などのクレジットイベント(信用問題)が発生しなければ、満期日に額面通り償還されます。しかし、クレジットイベントが発生した場合は、満期日前に指定会社発行の債券で償還されます。一般にCDSを行うにあたっては、保証する側に十分な担保能力が必要となりますが、クレジットリンク債の場合は、債券を購入するという形により保証を行うため、投資家の信用力に関係なく、取引が成立することになり、投資家にアピールする商品となるよう、通常の債券よりも表面利率を高く設定されています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading