クレジットコスト

クレジットコスト
不良債権(経営破綻後の回収不能な貸付金などの債券)処理に伴う損失のことです。

クレジットコスト(Credit Cost)とは、一般に金融業界においての貸倒損失などを指し、貸倒引当金や、債券の売却に伴う売却損、法的整理や債権放棄などによる債券の償却などが含まれます。

具体的な処理方法は、経営破綻などで債券回収が不可能と判断された債券を資産から差し引き、貸借対照表上で処理を行う「間接償却」、経営破綻の可能性がある取引先などの貸出を資産に残存し、実際に経営破綻をした時に備えて事前に費用として貸倒引当金を計上する「引当て」、民事再生法などの債権放棄や法的整理などによる「不良債権の売却」や「直接償却」などがあります。

金融機関にとって、クレジットコストの増大は死活問題に繋がります。クレジットコストによって身動きがとれなくなった銀行では、公的資金による資本提供を受け(返済を前提に)、不良債権処理を行っています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading