コマーシャルペーパー

コマーシャルペーパー
企業が短期金融市場から資金調達するための、無担保の約束手形のこと。英語ではCommercial Paperと表し、CPと略されることもあります。

コマーシャルペーパーを発行?売買する場のことをCP市場といいます。コマーシャルペーパーは、日本では1987年11月より発行が認められました。企業は資金を銀行から調達する場合と違い、社債で調達するのと同じように短期間に資金を集めることが可能なため、短期資金調達手段として定着し、発行残高も増加しています。また、投資家側にとっても他の金融商品と比較して高利回りのため人気を集めています。

コマーシャルペーパーの発行企業というのは、CP販売業務が認められている証券会社や金融機関との間で「販売人契約」を結び、発行日の2日前に発行条件を決めることになっています。当初、コマーシャルペーパーは金融機関には発行が認められていませんでしたが、1988年に証券金融機関への発行が認められ、1990年には証券会社、1993年にはノンバンク、1994年には保険会社の発行が解禁となりました。

コマーシャルペーパーの金利は企業の信用力で決まるため、一般的にプライムレートより低コストで資金調達をできるメリットがありますが、無担保で企業の信用力だけで資金調達を行うことから、優良企業や大企業でないと発行できなという側面もあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading