国内ETF

国内ETF
特定の株価指数、債券指数、商品価格などに連動することを目的に運用されている投資信託です。

ETFとは英語のExchange-Trade Fundの略で、取引所で取引される投資信託という意味で、日本では「上場投資信託」と言われています。このため国内ETFとは、国内上場信託ということになります。通常の株式と同じように金融商品取引所において、いつでも売買が可能となっており、このため金融商品取引所に上場された「インデックスファンド」となります。 国内ETFの資金調達に特徴があり、募集に応じた大口投資家が大量に出資する発行市場と、市場を通じて小口に出資する一般投資家の流通市場に分けられ、発行市場と流通市場がお互いに利益を出そうと売買することでインデックスに近い価格になり、このため「株価指数に連動する運用」と言われるのです。

外国の金融商品取引所に上場されているETFを「外国ETF(海外ETF)」と言い、米国などの外国の証券取引所では、さまざまな指数や指標に連動するETFが上場されています。日本では、2007年8月に大阪金融商品取引所に、基準価格が金価格に連動する「金価格連動型上場投資信託」が上場しましたが、これが株価指数以外を対象とする初めての国内ETFの1号となりました。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading