カントリーアロケーション

カントリーアロケーション
グローバル投資を行う場合の、国別の投資配分比率のことを言います。

カントリーアロケーション(Country Allocetion)は、投資対象国の資産への投資配分を行う際の各国あたりの資産の配分量、またはその結果としての国別構成比を言います。カントリーアロケーションの状況により、リスクやリターンの特性が異なるため、幅広く複数の国に分配投資を行うことで、リスクを低くすることが期待できます。

カントリーアロケーションの運用は、金融?経済のグローバル化による世界各国間の市場連動性が強まる中で、市場に影響を与えると想定される各ファクターについて「定性分析」や「定量分析」を行い、ベンチマークを上回る超過収益を狙います。外貨建資産のアクティブ運用においては、一定の基準を決めてファンドの国別構成比をベンチマークの国別構成比から乖離させカントリーアロケーションの効果を狙います。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading