会社型投資信託

会社型投資信託
証券投資を目的に投資法人を作り、投資家が証券を購入する形態の投資信託のこと。英語では、Corporation Type Investment Trustと言います。

投信には、会社型と契約型の2種類の設定形態があります。どちらも投資家から資金を集め、それを原資に投資を行い、成果を分配するところは同じです。

契約型は、運用会社(証券会社)と信託銀行とで締結した信託設定から得られる受益を証券化したものを投資家が買うというものです。一般的に投資信託と言われているものの大半はこの契約型です。

会社型は、契約型で行われる信託設定がありませんので、信託財産ではなく会社財産となります。そのため、出資者は投資主総会で保有する議決権を持つことになります。大口の出資者ともなれば、執行役員や監査役員の選任と解任などで一定の監督権限が出てきます。

日本での代表的な会社型投資信託には、不動産投資信託(J-REIT)、カントリーファンド、ベンチャーファンドなどがあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading